fc2ブログ

青いバス停Ⅱ

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
あけましておめでとうございます。
週1回程度の更新、と書いた気がするのですが守れておらず申し訳ありません。
忙しくなりそうなときは書き溜めてしのいでいたのですが、仕事その他いろいろあって落ち着いてその書き溜めもできない状態になってしまっています。再開時期については別途改めてお知らせします。新しい年がよい年になりますように。

DSC_0150_202301022055483db.jpg
スポンサーサイト



少し間が空いてしまいました。申し訳ありません。最近忙しくてなかなか落ち着かないので、自分のペースで少しずつ進めたいと思います。

「千寿の郷」バス停のポールが、廃止後もまさかの「放置」状態だったということをお伝えしたところまで進んでおりました。
その後、様子を見に行きました。

↓1週間ほど経つと、さすがにポールはなくなっていました。

IMG2022 (2)

[大津営業所ダイヤ改正② 千寿の郷系統廃止(2)]の続きを読む
市民文化会館前の続きです。

↓現在の正面玄関

IMG_6938.jpg

↓建物裏手

IMG_6957.jpg

↓建物裏手の階段下に何か掲示があります。
[市民文化会館前【大津市内総合線 大津北地区以北他 番外2】]の続きを読む
IMG_2622.jpg

市民文化会館前 しみんぶんかかいかんまえ
所在地:大津市御陵町
開設年月日:1962(昭和37)年9月3日
廃止年月日:不明
付近:大津市立市民文化会館 大津市歴史博物館 滋賀県立大津商業高等学校 滋賀県警察学校 円満院門跡
キロ程:別所から0.3キロ


千寿の郷や南郷方面について書こうと思っていたのですが、先に前に書きためていたものから出したいと思います。



社史によると、1962(昭和37)年10月24日、「朝日ヶ丘住宅線 別所―市民文化館前館0.15キロメートル路線延長免許」が出たことになっていますが、ちょうどぴったり60年前の今日、同年9月4日付の滋賀新聞、京都新聞、朝日新聞には、9月3日から、延長運転されていたことが分かります。
免許が出るより前にもう運転?
こういう矛盾がなぜ生じるのか分かりませんが、時々、社史の記述と新聞の記述が合わないことがあります。

↓1962(昭和37)年9月4日付滋賀日日新聞
[市民文化会館前【大津市内総合線 大津北地区以北他 番外1】]の続きを読む
久しぶりに本来の「専門」(?)のはずの京阪バス関係の話題です。

既にご存じの方も多いと思いますが、8月20日付で小幅ながら大津管内のダイヤ改正が実施されました。

小幅な中でもインパクトが大きいのは千寿の郷系統、およびバス停の廃止でしょうか。

旧ブログで2012(平成24)年3月9日付でこんな記事を書いていました↓
新・53号経路(千寿の郷経由系統)開通10周年①

新・53号経路(千寿の郷経由系統)開通10周年②

我ながらようやったなと思います。
開通とバス停の開設は2002(平成14)年3月9日なので、20年強の歴史でした。
皮肉なことに、廃止間近の某日は、朝石山駅から来る便で2人の下車、石山駅に向かう便も2人の乗車、別の日は南郷方面から来た便でも1名下車…2往復に減便された土休日でもそれなりに利用があるようです。にもかかわらず、この中途半端な時期の廃止。経営環境が厳しいことは分かりますが、残念です。中千町から歩いたら20分かかります。利用客はこれからどうするのでしょうか。

↓2020(令和2)年12月7日付のダイヤ改正以降、土曜・休日ダイヤで千寿の郷に立ち寄るのはそれまでの4往復から2往復に減らされていました。

IMG_2616.jpg
[大津営業所ダイヤ改正① 千寿の郷系統廃止(1)]の続きを読む