FC2ブログ

青いバス停Ⅱ

60年前の明日、1959(昭和34)年10月18日付読売新聞滋賀版↓

S34.10.18 Y モミジバスb

まだ紅葉には早いような気がしますが、秋の行楽シーズンということで早めに対応しているのか、それともこの当時はこれで普通なのか。よく考えたら比叡山は一足早いから、それを想定しているのでしょうか。
因みに、今も日吉大社のもみじまつりはあって、今年は11月1日から12月1日とされています。11月1日から始まるところは、60年前と変わっていませんね。

最近は京都でも12月の最初の土日くらいまでは紅葉の時期と扱われて、キャンペーンが組まれたり、割引企画乗車券もそこまでは有効とされていることが多いです。

この臨時バスは、現在の江若交通の「ケーブル坂本線」に相当する路線ですね。京阪坂本なんかでどうやって折り返していたのか、今の造りでは想像ができません。

[モミジバス]の続きを読む
スポンサーサイト



なかなか更新できずすみません。
台風19号で動きが取れなくなったり、いろいろ残念なことになるのではないかと思って、予定していた北海道旅行を泣く泣く中止して、しかし後で天気予報を見ると結局台風がかなり東にそれていて、キャンセルすることもなかったんだろうか?いや、ライブカメラを見る限りやっぱり天気悪そうだな…とかいろいろ悶々としながら、暴風雨にもまれるボロ家の中で消費税増税前に買い込んだ諸々のものを片付け中です。

でも、被害が出ている地域のことを思えば、私のキャンセル料や悶々なんて何でもないと思わないと罰が当たりますね。そんなことをぐずぐず考えていられるうちはまだまだ余裕があるということでしょう。これ以上被害が出ないことを祈りながら、大人しく更新作業を続けます。

さて、こないだのYouTube動画はやはりアメリカのもののようでした。概要にはこのようにあります。

We're an edutainment channel dedicated to teaching everything you need to know as an adult that school never taught you.

edutainmentて何やねん、と思ったら、新しい造語のようで、ゲーム的な要素を取り入れて、楽しく学べるように内容が工夫されたソフトウエアのことだそうです。要するに、学校では教えてもらえない、でも大人になるのに必要なことを学ぶというのがこの動画シリーズのコンセプトのようです。
アメリカでは、よほどの大都市の中心部でなければ、バスや地下鉄などの公共交通機関を使う機会がないから、全く公共交通機関の利用の仕方が分からないまま大人になってしまうということも珍しくないのかもしれませんね。

さて、今回はT.F.様とまんたろう様が撮影された帝産湖南交通のバス写真を取り上げたいと思います。

↓滋2い2520

滋2い2520

草津駅東口の前でしょうか。ツーマン専用の車両ですから昭和40年代以前でしょう。この時代にもうトレーニングセンターがあり、「トレーニングセンター」という行き先があることに驚かされます。
今の駅舎のようには見えません。だとすると昭和42年以前ですが、それだと古すぎるような気がします。

ていうか、いつも思うのですが、草津駅のあの駅舎が昭和42年の建築だというのがすごいですね。当時の地方都市の国鉄駅としてはものすごい斬新なデザインでしょう。

↓滋2い2518
[帝産湖南交通]の続きを読む
久々の更新です。

仕事と、机にかじりつく勉強とだけではつまらないので、ふと思い立って英語の勉強を兼ねてYouTubeをみたら、こんな動画が…。

「公共交通機関の使い方」



リスニングが苦手なので、耳で聞くだけではなかなか理解が難しいのですが、字幕を出して追い掛けるとめちゃくちゃ面白い…。まだいろいろ忙しくて詳しくは見られていませんが、英語の発音はアメリカかカナダで、イギリスやオーストラリアということはまずなさそう。
バスがよく発達しているイギリスではなく、公共交通機関に乏しいアメリカだとしたら、普段バスや鉄道に乗らないひとも多いので、こういう動画があるというのも何となく分かります。

1:33辺り。

It’s your responsibility to get to the bus stop or train station a few minutes before it’s scheduled to depart.

出発の数分前にはバス停ないし駅に着いておくことはあなたの責任です。

駆け込み乗車に困っているバスドライバーや車掌、駅員が拍手喝采しそうですね。
他にも、分からないことがある時は周りのひとや運転手に質問するといいけれども、詳しく聞きすぎて運転手さんを10分も捕まえるのは行儀が悪いこと、礼儀正しくしていればきっと周囲のひとに助けてもらえる、みたいなことを言っています。

5分目辺りからはマナーの悪いひとに出会ったときは、イヤホンをしたり、席を離れたり、他のことをして気をそらしましょうというようなことまで…。

Harassment is, unfortunately, commonly reported on many mass transit systems.

残念ながら、多くの大量輸送機関で迷惑行為が報告されています。

いずこも同じですね。


下のFormer bus driver(元バスドライバー)コメント欄も実に面白い。

-Move to the back of the bus right away if there are a lot of people getting on.

「混んでいる時は早くバスの後方に移動して下さい」


これまたいずこも同じですね。

最近、日本でも問題になっていることが…

-Take off your backpack and hold it in front of you if it's crowded. More people can fit and you'll avoid smacking someone in the face with your bag.

混んでいる時はリュックサックは下ろして、体の前に持ちましょう。もっと多くのひとが乗れますし、ひとの顔に荷物をぶつけることもなくなります。


暫く、以前と同じようなペースでの更新はできないかと思いますが、もうちょっと詳しいことが分かった時や、似たような動画で日本と同じだな、違うな、と思うような面白いものが見つかったら、また紹介させて頂きたいと思います。
■お知らせ
これから1-2か月ほど、資格試験の勉強や出張などで忙しく、通常のようなコンスタントな更新ができそうにありません。
以前はそういう時も記事を書きためて対応していたのですが、現在その「貯金」も枯渇しているため、申し訳ありませんが暫くお休みさせて頂きたいと思います。
なお、コメントの承認やお返事の対応はできますので、以前の記事も含め、お気づきのことや思い出などおありの方は書き込んで頂ければと思います。


今回は枚数は少ないですが、T.F.様、そして平成初期のバスや鉄道の写真を寄せて下さっているまんたろう様が撮影された江若交通の写真を取り上げたいと思います。

↓T.F.様が1978(昭和53)年11月3日に撮影された江若交通 滋22か572

S53.11.3江若

表示こそ回送ですが、「比叡山縦走バス」の円板をつけているので、営業を終えて帰りでしょうか。でも、普通に考えると折り返し、営業運転で帰りそうな気がしますね。

↓今は亡き穴太住宅行き。T.F.様の写真の中では比較的少ない、大津駅前の風景です。
[江若交通の車両]の続きを読む
滋賀交通第2回です。もともとここで帝産湖南交通も取り上げたいと思っていましたが、予定を変更し、帝産湖南交通は別立てにします。

↓滋22か19

滋22か19

滋賀医大経由の水口行きです。この写真は、フロント部分のビス位置がよく分かります。

↓滋賀医大にほど近い、「文化ゾーン」バス停にはこのような使われていないポールが残っていました。2011(平成23)年2月26日に撮影しました。
[滋賀交通の車両②]の続きを読む